映像・音響・情報通信機器の共信コミュニケーションズ > 納入事例 > 長野県 岡谷市様(エルシーブイ株式会社様)

長野県 岡谷市様(エルシーブイ株式会社様)

長野県・岡谷市の運営する行政チャンネル「シルキーチャンネル」では、放送機器の入れ替えにともないAIによる動画コンテンツの解析機能を搭載したCMS「DaAlps」を導入。担当者の業務負荷の軽減と災害発生時にも放送を継続できる環境を実現しました。導入の経緯と利用の様子について詳細を伺いました。
http://www.city.okaya.lg.jp/

製品ページ・関連ソリューション

納入事例(放送・映像向け)

撮影・中継・編集・MAなどの納入事例をご紹介します。
> 詳細ページへ

放送・映像制作向け

放送・映像制作向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムを提供。
> 詳細ページへ

 

長野県岡谷市様

【自治体紹介】人結び 夢と希望を紡ぐ たくましいまち「長野県岡谷市」

岡谷市についてご紹介ください。

岡谷市は長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖の西岸に面し、北は塩嶺王城県立公園、東には八ヶ岳連峰、そして遠くには富士山を臨む山々に囲まれた風光明媚な都市です。
明治から昭和初期にかけて日本の製糸業の中心地となり、戦後は時計やカメラなどを中心とした精密工業が盛んでした。現在は、精密加工技術をさらに応用した、超微細加工技術の集積地として医療をはじめ、航空、宇宙、環境などの先進分野で、その技術は高い評価を受け、“ものづくりのまち”として発展を続けています。
観光では、中部日本一と言われるつつじの名所「鶴峯公園」をはじめ、小坂公園の紫陽花、出早公園のカタクリやもみじの紅葉などの名所があり、「うなぎ」や馬肉を使った「桜丼」も名物として知られています。

【チャンネル紹介】岡谷市全世帯の約9割が加入する地域密着型の行政チャンネル「シルキーチャンネル」

市役所で運営している「シルキーチャンネル」について教えてください。

岡谷市様
  岡谷市
  企画政策部 秘書広報課
  広報広聴担当 石井 俊光氏

長野県は山岳地域であり、放送電波の到達範囲が狭いためケーブルテレビが発達しています。「シルキーチャンネル」は2006年(平成18年)7月の豪雨災害をきっかけに、市民の皆さまへ正確かつ迅速に情報発信を行うことを目的に開設された地域密着型の行政チャンネルです。2012年(平成24年)には地上デジタル放送を開始し、現在ではYoutube Liveによるインターネット経由でも視聴できるようになっています。
岡谷市全世帯の約9割にご加入いただき、緊急時の防災情報の提供をはじめ、市政情報の発信や議会放送など地域に密着した情報を届けしています。
主な番組内容は次のとおりです。

●岡谷市緊急メールで発信した内容をテロップで提供(L字放送対応)
災害発生時の詳細情報の提供
サブチャンネルによる道路状況や天気情報の提供
市議会での一般質問の生中継および再放送
産業振興や子育て、福祉など岡谷市が行っている事業や市民活動の紹介

シルキーチャンネルの運用体制について教えてください。

チャンネルの運営をはじめ、放送コンテンツの作成や取材などの専任担当者は1名となりますが、市役所の秘書広報課を中心に必要に応じて各部署の職員にもサポートしてもらっています。放送機材や電気通信設備の保守運用は、エルシーブイ株式会社様(以下、LCV)に依頼しており、DaAlpsのサーバーもLCV様の管理するデータセンターに設置しています。

【利用状況】番組自動送出システムとしてDaAlpsを利用

DaAlpsの利用状況について教えてください。

当チャンネルの場合、番組数もあまり多くないので複雑な使い方はしておらず、番組自動送出システムとして利用しています。番組の映像データをシステムのフォルダーに保存して、放送するコンテンツを選び、送出スケジュールを設定するというのが通常の操作の流れとなります。

使い勝手はいかがでしょうか。

私自身、秘書広報課に異動してくる前は行政チャンネルとは無関係の業務を担当していましたので、システムに関して機能や使い勝手の比較などはできませんが、送出スケジュールの設定はPC上で視覚的かつ直感的に操作できます。 また、変更やプレビュー、緊急時のコンテンツの差し替えなどもスピーディに対応できるので、作業に手間取ることや時間が取られることはありません。簡単かつ確実に操作ができるのでとても助かっています。実際に操作をしていて機能が足りないとか、不満を感じたことはありません。
また、部署の異動により新しい担当者へと業務を引き継ぐ際の手間や負担も最小限に抑えることができると期待しています。

DaAlps
DaAlpsを操作しているPC(左)、市庁舎内に設置されている放送機器類(右)

【選定理由】操作性、運用性、導入コストを評価してDaAlpsを選定

DaAlpsを導入した経緯について教えてください。

以前利用していた放送機材は導入をしてから約10年が経過して老朽化が進み、保守やメンテナンスもままならない状態でした。ハイビジョンや放送法への対応を進めるため放送機器を刷新することになり、その際にLCV様から導入の提案を受けたのがDaAlpsでした。
LCV様には主に次のポイントで送出システムの選定と提案を依頼しました。

操作性に優れていること
保守運用の負荷がかからないこと
導入コストが安価であること

LCV山岸様に伺います。岡谷市様へDaAlpsの利用を提案した理由について教えてください。

LCV
  エルシーブイ株式会社
  情報基盤部 SI営業課
  山岸 利光氏

DaAlpsは従来の送出機材やシステムと比べて機能がシンプルで、直感的に操作ができるよう設計されています。複雑な機能メニューを覚える必要もなく、ストレスを感じることなく素早く作業ができるので、岡谷市様にもスムーズに受け入れてもらえると判断しました。
また、DaAlpsは市庁舎と離れた場所でサーバーを運用でき、ネットワークを通じてアクセスできる環境があれば場所を問わず操作が可能です。そのため、当社のデータセンターでサーバーをお預かりして庁舎にある放送設備を最低限にすることで、岡谷市様の負担や不安を解消できると考えました。
同時に、対耐障害性が高いデータセンターに主要な放送機材を集約していただくことで、万が一、大規模な自然災害などにより市庁舎がダメージを受けるような事態が発生しても、「シルキーチャンネル」の重要な役割である“緊急時の防災情報を提供する”環境を維持できる可用性が高まるという提案もさせていただきました。
3番目の要件であるコストに関しては、他の製品と比べて導入費用が抑えられており、当社としても提案がしやすく岡谷市様からも高評価を得られました。
そのほか、現時点で「シルキーチャンネル」での運用には利用していない機能もありますが、長期的な活用や将来の拡張も見据え、最終的には次の機能なども評価してDaAlpsの提案を決めました。

幅広いメーカーや機種の放送機器へ対応可能(選択肢が広い)
大容量データストレージシステム「オプティカルディスクアーカイブ」(ソニー株式会社製)に対応
AIによる自動解析により、アーカイブデータに動画テキストや音声のタグ付ができる
実績が豊富な国内ベンダーによる自社開発製品なので、手厚いサポートや柔軟な対応が期待できる


LCV外観
エルシーブイ株式会社 本社

【評価・期待】積極的な姿勢や柔軟な対応を評価

DaAlpsおよび共信コミュニケーションズへの評価や期待があればお聞かせください。

当市のような行政チャンネルは大きなコストをかけられないのが現状です。そのため、機材やシステムが高額になるとチャンネル自体の存続にも影響しかねません。DaAlpsは、必要な機能が一通り網羅されており、導入コストが抑えられているのでとても助かりました。また、DaAlpsに関して、一部、私たちの要望がきかっけとなり追加・修正された機能もあると聞いており感謝しています。
今後も、私たちのような行政チャンネルの運用を支援する優れた製品やソリューションの開発・提供に期待しています。

岡谷市様、LCV様
(写真左から) エルシーブイ株式会社 山岸様、岡谷市 石井様

お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました。


製品についてのお問い合わせ

製品のデモやご購入についてのご質問・ご相談は、下記のお問い合わせ フォームよりお問い合わせください。
後ほど担当者よりご連絡差し上げます。

展示ルームのご紹介
WEBからのお問い合わせはこちらから