映像・音響・情報通信機器の共信コミュニケーションズ > 納入事例 > 株式会社松竹映像センター様

株式会社松竹映像センター様

松竹映像センター様

株式会社松竹映像センター (東京都港区)は、映画・テレビドラマの仕上げからアーカイブ対応、旧作のデジタルリマスター制作に加えて、様々な映像作品のカタログ化やデジタル修復・保管・管理サービスを提供している総合ポストプロダクションです。
2015年1月から港区台場へスタジオを移設し、2017年7月に新たな映像コンテンツ制作の拠点となる4K制作体制を強化したポストプロダクションスタジオとしてリニューアルしました。http://www.shochiku-mediaworx.jp/

製品ページ・関連ソリューション

Quantum

Xcellisワークフロー・ストレージ

業界最速のStorNextを使用した、コラボレーティブなワークフロー向けの高性能な共有ストレージ。
> 詳細ページへ

放送・映像制作向け

放送・映像制作向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムを提供。
> 詳細ページへ

 

 

株式会社松竹映像センター様

導入背景

今回リニューアルを行った理由を教えてください。

 リニューアルについては、1年前くらいにお声掛けしました。2015年1月に、高輪からお台場へ事務所を移転した際に、様々な理由で削ってしまったシステム構成を今回のリニューアルで実現しました。移転当時は、4K制作の仕事はテスト的なものがほとんどで、機材的にもこれといったものがありませんでしたが、お台場にポストプロダクション機能を集約して2年、映像の4K化が進み、クライアントニーズが変化してきた事もあり、リニューアルする事を決めました。
 共信さんにお願いしたのは、高輪スタジオ移転当時から当社システムや作業内容とフローを熟知していただいていた点が一番大きいです。また複数業者が絡む複雑な工程も窓口を一本化してもらえたので、とてもやり易かったと感じています。

リニューアル前に抱えていた課題は何ですか?

 これまで4Kマスタリング作業は外部のラボにお願いしていましたが、ここにきて4K制作依頼が増えた事もあり、一部作業を自前で行えるような設備導入を検討しました。また既存のサーバーでは、連番ファイルが扱えなかった事と、大容量の4Kファイルのやり取りが厳しかった事もあり、サーバーシステムの増設が必要でした。
 作業スケジュールを止めることなく移動できるのか、という点は一番の課題だったと思います。部署や部屋ごとに制作物の〆切が異なる為、ところてん式に部屋の移動を行う必要がありましたが、共信さんには制作スケジュールを見ながら、工事業者間との調整をしていただきました。

松竹映像センター様

概要・ワークフロー

システムを構築していく際に気をつけた点はありますか?

 4K素材の共有と既存システムとの融合が継続してできる事が必須でした。
新たにSANストレージシステムQuantum Xcellisを導入し、各端末から素材を共有、さらにMellanoxスイッチを使い、既存サーバーにもアクセスできる環境を構築しファイルコピーができ、4Kファイルの同時再生も可能となりました。
 また作業効率アップを考えて、「Edit-1」ではQuantel Rio 4K、DaVinci ResolveがKVMを使い選択が可能なシステムを構築しました。各端末はFiber ChannelでQuantum Xcellisに接続しており、素材のやり取りもスムーズに行えます。

松竹映像センター様

4K制作はどのようなワークフローで行っていますか?

4K制作内容としては、4Kドラマ/映画制作、4Kレストア(修復)が多いです。
【4Kドラマ制作】

松竹映像センター様
【4K修復仕上げ】
松竹映像センター様

感想・要望

大規模なSANのワークフロー・ストレージシステムを導入いただきましたが、お使いになられていかがでしょうか?

 今回初めてSANストレージを導入しました。Quantum Xcellisはスピードも速く、帯域をフルに使えばかなり便利に使えると思っています。現場からもスムースになったと聞いています。今回は4Kに関わるシステムを組みました。これまでのシステムでは素材をそれぞれのハードディスクに移して作業していましたので、Quantum Xcellisをいれる事で素材の移行作業時間が短縮でき、作業効率があがっていると感じています。

松竹映像センター様


御社が将来的にやってみたい事、今後の展望を教えてください。

 次のステップに向けて既に課題がいくつかあります。設備関係でいえば、4K制作ボリュームが増えた場合、万が一の故障等に備えて冗長化を検討していきたいです。また各局でテープレス化が進んできているため、リニア編集をノンリニア化する事も検討していきたいと思います。さらに1階と7階のMA室も同じ環境に整えて素材共有ができるシステム構成を作っていきたいと思います。
 現在依頼いただいている4Kドラマ/映画制作、4Kレストアに加えて、4Kドラマや映画のパッケージ制作、WEB納品マスター制作もお台場スタジオで今後行っていければと考えています。

製品についてのお問い合わせ

製品のデモやご購入についてのご質問・ご相談は、下記のお問い合わせ フォームよりお問い合わせください。
後ほど担当者よりご連絡差し上げます。

WEBからのお問い合わせはこちらから