テレビ・映像最新技術展2018 出展概要

テレピアホール(東海テレビ放送の隣)|2018.12.11(火)~12(水)

 

開催概要

会期 2018年12月11日(火) 10:00~18:00
2018年12月12日(水) 10:00~17:00
会場 テレピアホール(東海テレビ放送の隣)
〒461-0005 名古屋市東区東桜1‐14‐25 テレピアビル2F
詳細PDF 詳細はこちら
出展内容 ●8K オンライン・フィニッシング・システム
SGO Mistika
 Mistikaはオンライン編集、VFX、カラーグレーディング、S3D、VR、デリバリーをひとつのシステムにおさめたトータルポストプロダクションシステムです。
 HD、2K、4K、8K編集作業を、スピードや正確性を発揮しながら、完璧な仕上がりを提供します。「8Kスーパーハイビジョンでのポストプロダクションワークフロー」をご紹介します。

Mistika

●「AI」機能/コンテンツアーカイブ&プレイアウト
DaAlps
 DaAlps は、さまざまなデータを登録、管理、解析(AI)し、コンテンツをフル活用するプラットフォームです。
 最新ODA(ソニー光ディスク)に対応したアーカイブ用途やプレイアウト(送出)も構築可能。素材管理ではメタのコメント入力に加え、動画素材内の文字スーパーを「AI 解析」し、自動でメタ抽出する便利機能を搭載。クラウドサービスによる音声解析も実装可能です。プレイアウトは、コンテンツのプレイリストや機器制御を可能としたローコストなシステム構築を実現します。

DaAlps

問い合わせ

 

製品ページ・関連ソリューション

放送・映像制作向け

放送・映像制作向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムインテグレーションをご提供いたします。