映像音響制作機器展2018 レポート

2018年7月23日(月)~24日(火)の2日間、ツインメッセ静岡で映像音響制作機器展2018(静岡)プライベート展を開催しました。
主な出展内容としましては、4K EDIT&AUDIO(Fast Serve|Live Edit/Nexis E4/Medis Composer/EDIUS/Premire/Pro Toolsなど)、
最新カメラ・レンタル機器(PXW-Z280/PXW-Z190/PXW-Z450/ATOMOS製品/Pixellot)、
ワンマンスタジオシステム、配信&HDR関連(FA-9600/Dejero)、コンテンツ管理・アーカイブシステム(DaAlps/ODS-D280U)を展示しました。
今年は例年以上に多くのお客様にご来場いただき、上記の商材をご紹介することができました。

映像音響制作機器展2018 会場の様子

shizuoka2018

会場全体の様子。

shizuoka2018

Avid Fast Serve|Live Editの展示。

shizuoka2018

レンタル機材のご紹介。(PXW-Z450/ATOMOS製品/Pixellot等)

shizuoka2018

4K/HDR編集関連製品(Nexis E4/Medis Composer/EDIUS等)の展示。

shizuoka2018

弊社オリジナル製品のご紹介。(ワンマンスタジオ/DaAlps)

製品ページ・関連ソリューション

放送・映像制作向け

放送・映像制作向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムインテグレーションをご提供いたします。

レンタル

レンタル

機材の販売から修理・メンテナンスまで行っている当社だからこそ可能となる豊富な技術に基づき、制作から中継イベントなど、ニーズに合わせシステムのレンタルご提案も行っております。