九州放送機器展2017 出展概要

福岡国際センター|2017.7.6(木)~7(金)

 

開催概要

会期 2017年7月6日(木) 10:00~18:00
2017年7月7日(金) 10:00~17:00
会場 福岡国際センター
ブース 映像・放送機器関連ゾーン
No.I-74
詳細PDF 詳細はコチラ
出展内容 ①SGO Mistika
トータルポストプロダクションシステム
Mistikaはオンライン編集、VFX、カラーグレーディング、ステレオスコピック3D、デリバリーをひとつのシステムにおさめたトータルポストプロダクションシステムです。NABで発表されたMistikaの新機能をご紹介いたします。

②Metus MAM
低コスト&省スペースアーカイブシステム
さまざまなファイルデータを、低コスト&省スペースで構築するアーカイブシステムです。メタデータやフリーワードによる検索、自動プロキシ生成、ウォッチフォルダによる自動化機能等、アーカイブを行う際に必要とされる機能をパッケージしております。まずはアーカイブの入口としてご体感ください。

③ノンリニア4K編集/MAシステム Avid NEXIS | PRO
編集&MAワークフロー
Mac Pro + DNxIQ +4Kモニターにてローコスト編集並びにProTools MAシステムをご紹介します。Avid NEXIS | PROの共有ストレージにおいてはMediaComposer/Premiere Pro/FCP/EDIUSが共有編集可能となり、効率よい編集環境の構築が可能となります。

公式サイト

 

製品ページ・関連ソリューション

Mistika

Mistika

4K/8Kカラーグレーディング・フィニッシングシステム

放送・映像制作向け

放送・映像制作向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムインテグレーションをご提供いたします。